眉毛が濃い!太い!にはアレが一番おすすめ!!だけどリスクも真実も伝えておくよ

眉毛が濃い!!
眉毛が主張しすぎる!!
ヘアカラーと色バランスが悪い!!
垢抜けない!!

私も、そんな悩みを持つひとりです。
眉毛の1本1本が
太くて濃くてフッサフサ。

対処法として実際試した方法ではイマイチ納得いくものはなく
納得どころか更に悩みが増す結果になった方法もあります。

★眉毛を剃る
→更に濃い毛が生えてきた。2、3日ですぐ生えてくる。

★眉毛を抜く
→更に濃い毛が生えてきた。毛穴が広がって目立つ。

★眉マスカラを使う
→地眉毛が濃すぎてカバーしきれない。

じゃ~ 効果的な方法はなかったの?

う~ん 根本的な改善方法は
医療(美容)脱毛くらいじゃない?!

あ~...お金ないもんね~

そそそ

だからね、私がおススメするのは…

脱色!!

あの、髪の毛を茶髪とか金髪にするブリーチのこと?!

そう!!それ!!

しかも

自宅で自分でやる方!!

でもね、眉毛の脱色にはちょっとリスクがあるから
説明するね。

スポンサーリンク

セルフで眉毛脱色(ブリーチ)がおススメ

濃い眉でお悩みの方には、ムダ毛用の脱色剤で眉毛の色を明るくすることがおススメです。

以下の事が、期待できます!!

  • 眉毛が薄くみえる
  • 化粧映え(アイメイク)する
  • 眉マスカラを塗ると自然な濃さの眉色になる
  • 垢ぬけた印象になる
  • 家でいつでも短時間で手軽に出来る
  • 安価で出来る

ただし、薬剤を使用し、肌に付着するため
誰にでもノーリスクとは限りません

セルフ眉毛脱色のリスク・注意点

肌に触れる薬剤なので、充分にリスクを把握した上で行いましょう。

  • 薬剤(ブリーチ剤)にて肌が荒れる
  • 眉毛が傷む
  • 脱色しすぎてしまう

  • 脱色剤の液だれや眉毛以外の付着に気を付ける
  • 長い時間 付けたままにしない
  • 眉毛や眉毛付近に傷やニキビがある時は使用しない
  • 生理中や前後、妊娠中・授乳中は使用しない
  • 腎臓病・血液疾患の既往症のある方 は使用しない

セルフ眉毛脱色のやり方

【エピラット】 商品名:脱色クリーム スピーディー

エピラットの脱色クリームを使って説明していきます。

エピラットの中身:Aチューブ・Bチューブ・トレー・ヘラ

今回は眉毛の脱色なので液剤を少量しか使用しないので
トレーとヘラは使いません。

細部が塗りやすい綿棒とペットボトルのキャップを使用します。

使い終わったらそのまま捨てれるので片付けが楽ちんですよ。

脱色剤の使用が初めての人や、心配な人は
パッチテストを使用前に必ずしてください。

パッチテストで問題なかった人も
保護クリーム(乳液や保湿クリーム)を塗っておくと
ちょっと安心かも

< エピラットを使用した眉毛の脱色の手順 >
  1. AクリームとBクリームを1:1の割合でキャップに出します。
    (キャップからこぼれない程度の量)
    それをぐるぐる綿棒で混ぜます。
  2. 混ぜたものを綿棒で眉毛に塗っていきます。
    ポイント 色ムラがないように、一番濃い部分から塗り始め、左右の眉に交互に塗っていきます。眉毛が見えないくらいにクリームをのせてください。
  3. 塗ったまま5~10分くらい放置します。
    (色の抜け具合は個人差があります。)
  4. その後、ティシュでクリームを拭き取った後
    ぬるま湯で洗い流してください。

余ったA/Bのクリームは、しっかりフタを締めておけばなくなるまで使えます。1回に使用する量にもよりますが、1箱で大体10~12回分くらい利用できます。

クリームを眉にのせた後、肌がピリピリすることもあるかと思います。
ジンジン痛んだり、長く痛むようであれば使用を中止することをおすすめします。

脱色後の眉毛の仕上がりについて

手順に沿って脱色をした後、いまいち色が抜けていなかった場合は、1~2日後に再度脱色を行うことをおすすめします。

クリームをのせたまま長く時間を置いたり、連続で使用したりすると肌に負担が大きくかかります。

おすすめの脱色剤

眉毛専用の脱色剤は、現状 発売されていません。

ムダ毛用(ボディ・手足用)の脱色クリームを使って脱色します。

ムダ毛用脱色剤で一番日本で有名なのがこの商品ですね。

先ほどの「脱色のやり方」でも紹介した
エピラットのスピーディータイプ
(短時間で脱色できるタイプ)

私はコレをいつも使用しています。

エピラット 脱色クリームスピーディー 55g 55g [医薬部外品]

新品価格
¥741から
(2019/10/3 21:18時点)

エピラットの脱色クリームには
普通タイプ、敏感肌用や
うるおい成分が配合されたオイルクリームタイプもあるよ。

エピラット 脱色クリーム 60g 60g [医薬部外品]

新品価格
¥746から
(2019/10/3 23:53時点)

エピラット 脱色クリーム 敏感肌用 55g 55g [医薬部外品]

新品価格
¥703から
(2019/10/3 23:50時点)

エピラットラグジュアリーオイルケア脱色クリーム160g

新品価格
¥650から
(2019/10/3 23:55時点)

海外の商品ではこれが有名!!

ジョレン クリームブリーチ アロエベラ入り 28g[並行輸入品]

新品価格
¥862から
(2019/10/4 00:03時点)

JOLEN cream bleach マイルドタイプ アロエ入り 【並行輸入品】

新品価格
¥1,302から
(2019/10/4 00:04時点)

個人によって肌に合う合わないが、ニオイの感じ方が違うと思います。

私はどちらも平気でしたが
やっぱり、日本製の方が安心感があるのでエピラットを使用してます。

ヘアサロンでも出来るの?!眉毛カラー(ブリーチ)について

ある日、ヘアサロンで明るめのカラーにした時…

エヴリちゃん、髪色は素敵だけど…
なんか眉毛と髪色のバランスが…悪くない?

うなのよ!!

友達にヘアサロンでヘアカラーする時に、眉毛も染めてもらえるよって聞いたから、美容師さんに言ってみたんだけど「出来ないんです」ってあっさり断られちゃった!!

実は、ヘアサロンで眉毛を脱色したり、カラーを入れたりすることは「違法」なんです。

ヘアサロンの美容師さんは「髪の毛」を扱う仕事だし
ヘアサロンにある薬剤は「髪の毛」 用だもんね。

もし、どこかの美容院で眉カラーをやっている美容院・美容師さんがいれば
それは、違法行為になります。

そのことからか実際に眉カラーをやっているか、やっていないかに関わらず、メニューに「眉カラー(ブリーチ)」と載せている美容院ってあんまり見かけないですよね。

裏メニュー的な存在になっているのかもしれません。
大体はヘアカラーのセットメニューとしてやっている様で、眉カラー(ブリーチ)だけなら500~1000円位が相場です。

だから眉毛への施術をキッパリと断る美容院・美容師さんはある意味、信頼性のある 美容院・美容師さん かもしれないね。

ヘアサロンで眉カラー(ブリーチ)を絶対にやってもらえないわけではないですが
上記の理由から多くのヘアサロンではやっていないことが多いでしょう。

まとめ

  • 濃い眉は、色を明るくすることだけで柔らかいイメージに見せることが出来る
  • 肌に薬剤が触れるので使用は慎重に
  • 眉毛脱色は、自宅で好きな時に短時間で手軽にできる
  • 脱色剤は、1,000円位までで買えてコスパ良し
  • ヘアサロンの眉毛脱色の施術は違法行為。やってくれる美容院・美容師はあまり多くはない。

リスクや、そもそも肌に合わない場合もありますが
平気な人には、オススメの濃い眉対処法です。

簡単に垢抜けた顔になってメイクも楽しくなりますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました